マンダリンオレンジ in hatenablog

esujiがアニメ・漫画について書くブログ。はてなダイアリーから引っ越してきました

アニメ『ゆゆ式』5話について何も考えずに書くだけ

私です。
5話です。

1話分:http://d.hatena.ne.jp/esuji5/20130415/1366039893
2話分:http://d.hatena.ne.jp/esuji5/20130513/1368467177
3話分:http://d.hatena.ne.jp/esuji5/20130623/1372009553
4話分:http://d.hatena.ne.jp/esuji5/20140429/1398784405

4話に続いて小島正幸さんが絵コンテ。
相ちゃんズも出てこないで3人の関係性を色んな角度から描いていく話を、絵作りの上でも文字通り色んな角度からの映像にしたり同ポジションを駆使したりで飽きさせない進行になっているような気がします。

いつもの

脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:小島正幸
演出:橘正紀
演出助手:飯野慎也
作画監督: 野崎麗子、大下久馬
総作画監督田畑壽之、秋谷有紀恵

アバン


シミュレーションゲームのようなカッコイイ演出(カッコいい)

なぜかEDによく出てきたりまんがタイムきららに設定絵が載ってたりと推されているペン立てアニキ。ここではエクスカリバー(ハサミ)の鞘として活躍している。

Aパート


外でお弁当(あと脚)






同ポ




間に1カット挟んでの同ポ







タオル同ポ



後で同ポ







同ポ



4話にもあった、パンしながらのモブの中に主要キャラを置いていく感じ




あ^〜いいっすね〜






原作から可愛らしい雰囲気を出していく








ゆゆ式が始まった歴史的瞬間。「女の子のコミュニケーションにおいて、お菓子やデザートは実弾である」ってそれ、『高杉さん家のお弁当』4巻でも一番言われてるから。







タイツや靴下の着脱に一家言ある人たちに対抗して、靴をはく動き集とかをやっていきたい感。3話とか4話とかけっこういいのあるよ?
(参考:タイツとか靴下とか履いたり脱いだりするシーンが好きだ! - karimikarimi http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20140504/1399166512)



ヘイヘイ、唯ちゃんのお母さんだ、悪かねえぜ

「(なんでタオルケットを被ってるの?)寒いの?」から「タオルケット好きなの?」で当てていくこの感じ




あ^〜



手を繋いでいくー



いい駄菓子屋カット





1枚目に前歯を描いているのがすごくいい




「ホヒッ」からの「泣いてる唯ちゃん見たいなりました」まで1カット




「泣いてよ子供のように」からウルウルまで1カット



離れての同ポ



唯ちゃんが縁さんを叩く貴重なシーン(2話連続2回目)









ゆずこ、飛ぶ






縁さんも同ポしながら飛んでいくー

からのカメラ裏周りのカット




唯ちゃん右からと唯ちゃん左からのカット繋ぎなー






回想から満を持しての手つなぎ描写。ぐねっとくもんだね!

アバン



あ^〜

Bパート







濡れた髪の処理もそこそこに、読書に戻りたい唯ちゃん











同ポしつつゆずこさんの悲しみ



やさしさゴシック
(商用・非商用問わず使用できます。http://www.fontna.com/blog/379/)





日向家の風呂ごいすー
(合わせて読みたい:アニメのお風呂のお湯が何故『緑色』なのか解説 緑色なのは科学的に正しい色だから - karimikarimi http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20130619/1371636005)


覗き見防止フィルムを貼っていくー



秋(5話のAパート冒頭にもあるけどSSを撮り忘れたので)



パンしながらのモブ




●REC




良い鼻ぐりぐり



花をぽわーんと。たまにしかない特殊な演出





要所で出てくる色付きモブさん




ゆずこが死ぬ・・・から左上にパンしてゆずこ劇場を展開するカットの使い方



脚ぷらーん



うざい角度で覗きこんでくるのがいいですね(うざい)




色付きモブさん。あと貴重な()縁さんが唯ちゃんに叩かれるシーン(5話中2回目)






縁さんがあまりにもよく分からない言動を取ったときにどう反応するかが伺える1シーン。ゆずこはそれっぽく流し、唯ちゃんは状況分析する(でもまあ、どっちも合ってなかったりする)



お昼




いいお昼ごはん







同ポ。あと、縁さんが家だといつも独りみたいな感じを受けなくもない。






2,4枚目は同ポだが、1,3枚目はそうでもない。縁さんを構図に入れる必要があっとこと以上の意図を感じる(個人の感想です)



二人の手がいい感じに動く(いい感じ)



1話で果たせなかったカツサンドにブルキャットソースを実現。最初だけ勢いよく出ちゃう感じまで描かれていて細かい。







縁さんと唯ちゃんが2人で話している間の1カットでソースをなめとり、牛乳を飲み、サンドイッチをかじり、ネタを思いついた感じまでを描写していく。










小芝居に5話一番のレイアウトを入れていくー



トイレは発想のリセットを行う場所なんだよにゃー










死ぬ死なないの話をしながら俯瞰・同ポを駆使しながらカットを繋いでいっての



学校遠景の空へパンで締め。ビューリフォー...